BLOG

Official blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活ノウハウ
  4. 婚活で出会った女性との「3回目のデート注意点とポイント」(男性編)
婚活で出会った女性との「3回目のデート注意点とポイント」(男性編)
最終更新日:2021.07.16

婚活で出会った女性との「3回目のデート注意点とポイント」(男性編)

婚活パーティーでカップリングしたお相手や結婚相談所でお見合いから交際が成立したお相手とのデートもいよいよ3回目ともなってくれば、実は大事なポイントになってきます。

緊張のあまり、食事をしたものの料理の味は記憶に無い初デート。

初デートよりは、徐々に緊張もほぐれて、最後はとっても楽しかった2回目のデート。

ここまでは、余程の失礼な言動がない限り、くることができます。

そして3回目のデートなれば、おそらく出会ってから1カ月以上の時間が経過して、次は4回目のデートとなってくる時お相手は、「この先、この人と・・・」ということが頭をよぎるものです。

もちろん、男性側にも同じことが言えます。

この先も「デートを重ねていく相手」として、または、「結婚を考えられる相手」であるのか?

一定の判断をしたい3回目のデートとなってくるのです。

婚活で出会った女性との「3回目のデート注意点とポイント」(男性編)

3回目のデート注意点

まずは、押さえておきたいNGポイントからお伝えします。

デートの服装

初デートから比べても徐々にカジュアルな服装にしていっても構いません。

しかし、あくまでも注意しなくてはならいことは、女性が横で歩いても恥ずかしくないセンスと清潔感です。

しわしわなシャツには、Tシャツであってもアイロンをかけて、ハンカチくらいは持って行くようにしましょう。

この日のために準備した新品の服装であっても、「新品特有のはっきりとした折れ線がついていないか?」なんてことは、当日では焦ってしまうので事前にチェックしておきましょう。

参考記事 絶対に外さない「婚活パーティー・デートファッション」服装コーデ6選(男性編)

車内の清掃

3回目ともなると今までは、現地集合の現地解散であっても、今度は男性の車で移動となることがあります。

車外と車内の清掃を事前におこなっておきます。

また、内のにおいにも注意をしておきましょう。

婚活で出会った女性との「3回目のデート注意点とポイント」(男性編)

行く場所などデートプランを決めていない

初デート編から同様ですが、食事に行くなら予約できるところであれば予約をしておく。

できないお店であれば、混雑することも予想されるので近隣のお店もリストアップをしておくことがおすすめです。

あくまでも、女性にお任せ態度はNG。

男性がリードしていく姿勢が大切です。

初デートの時よりも、ラインや電話で日常のコミュニケーションは、とれいているかと思いますので、お相手の好みや会話の流れからデートプランを立てておくことが自然です。

酒に飲まれる

初デートから2回目のデートまでは、飲酒することを控えていたが、お互いにお酒が好きだということがわかり、3回目のデートの時は、お酒を飲もうということがあります。

けっして、お酒を飲むことがダメなことではなく、普段とは違う緊張感と雰囲気により、いつもなら大丈夫な量のお酒をたしなんだとしても回り過ぎてしまうこともあります。

せっかくのデートが台無しとなってしまいますので、飲酒する際には要注意です。

横柄な態度をとる

お店の店員さんなどへたとえ、お店側の不手際だったとしても、変な男気を出して高圧的な態度をとってしまってはなりません。

大人の対応で雰囲気を壊さないことが必要です。

女性は、結婚相手としてこの先の未来に連れ添える相手か見ています。

割り勘にする

デートにかかる主要な費用は、男性がスマートに負担することは、初デートから今後もそのスタンスに違いはありません。

コンビニや自販機などの少額でも支払いを女性がしてくれた際には、「ありがとう」とお礼を伝えましょう。

近い距離間

3回目ということもあって慣れてきたからといって、馴れ馴れしい態度は禁物です。

お相手は、まだあなたの彼女では無いことを自覚してください。

他にも、結婚相談所であれば仮交際している人がいて当然です。

参考記事 婚活では「キープがあたりまえ!?」あなたも複数と同時交際が成婚への近道

3回目のデートポイント

4回目以降のデートからその先、交際を進めるために3回目のデートで試してみたい事柄をお伝えします。

敬語を無くす

注意点にもあるように距離感が近い馴れ馴れしい態度は、NGとなりますが、2人の距離を縮めるために会話における敬語を意識してやめることも必要です。

ポイントは、2人揃って同時にやめてみることです。

一方的では、ただ単に馴れ馴れしい人となってしまうので注意が必要です。

結婚観を伝える

結婚したら「こんな家庭を築きたい」、「こんな夫婦でありたい」など自分が描いている結婚観をお相手に伝えてみてください。

もしかしたら、共感が得られな場合もありますが、それはそれで、あなたにとっても良きパートナーにはなれないことがわかります。

また、少なくとも共感が得られれば将来のことを真剣に考えている人だということが伝わります。

今の気持ちを伝える

今後もデートをしていきたい相手であれば、デートの終盤に今自分が思っているお相手に対する気持ちを伝えてみましょう。

けっして「交際を申し込む」のではなくとも、「今自分は、あなたに対してこのような気持ちでいます。」という内容を素直に伝えるのです。

ポイントは、女性に「自分のことをどう思っているのか?」を訪ねるのではなく、自分から伝えること。

それに対して、女性も気持ちを伝えてくれることもあります。

もう一つのポイントは、デートから帰宅後のラインなどで伝えるのではなく、直接お相手に言葉で伝えることです。

女性には、言葉にしないと何も伝わってと思ってください。

まとめ

婚活で出会った女性との「3回目のデート注意点とポイント」(男性編)

今回は、3回目デートに気を付けたいポイントと交際を進めるために起こしたい行動をお伝えしました。

基本的には、悪くはないかな?と女性から思われているからこそ3回目のデートへとつながってきているのですが、この先も交際を続けていくのか?判断が大きく分かれる3回目のデートとなります。

婚活を通じて出会った相手であるからこそ女性は、恐る恐るあなたが「どんな人」で「どんな考え方をしている人」かをゼロから見ています。

少しでも違和感を感じた別の人を見てみようと考えてしまうものです。

婚活に限らずとも気に入っているお相手であって、人気があるような女性であれば自分に振り向いてもらう努力は、当たり前に必要となることを肝に銘じていただければと思います。

皆さまの婚活がうまくいくことを願っております。

愛知県名古屋市 婚活・結婚相談所
ミライへブライダル

オススメ記事 婚活で出会った女性との「初デート注意点」(男性編)

料金表 愛知県名古屋市 結婚相談所 ミライヘブライダル
名古屋市 結婚相談所 ミライヘブライダル 無料カウンセリング
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事