BLOG

Official blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活パーティー
  4. 婚活パーティーが疲れる「原因と対処法」とは?
婚活パーティーが疲れる「原因と対処法」名古屋 婚活パーティー 結婚相談所 ミライヘブライダル
最終更新日:2021.04.19

婚活パーティーが疲れる「原因と対処法」とは?

予約した婚活パーティー会場へ向かう時には、
ドキドキと期待をもって行くけれど

帰路には、いつも「ど〜っと」疲れを感じて帰ってくる。

そんな週末を繰り返し過ごしていると

「自分は、結婚できるのだろうか?」

と自問自答したくなります。

このようにして多くの人が
婚活疲れを感じています。

婚活パーティー特有の婚活疲れを招く原因とは何でしょうか?

愛知県名古屋市 婚活 結婚相談所 ミライへブライダル

婚活パーティーに参加するたびに「面接で落とされたかのように感じてしまい気持ちが沈んでしまいます」

そんなお悩みにお答えします。

名古屋市で長年婚活パーティーの企画運営また司会進行をしてきた経験から婚活パーティー特有の感じやすい婚活疲れの原因とその対処に関する考え方をお伝えしたいと思います。

本記事の内容

婚活パーティーが疲れる原因と対処法

婚活パーティーが疲れる「原因と対処法」名古屋 婚活パーティー 結婚相談所 ミライヘブライダル

いいと思う人とマッチングできない

参加している全ての人ではないけれど、中には数人「この人良さそう」と思える人がいることもあります。

話す順番が周ってきら「よし!!!」

と気合を入れて自分の精一杯のアピールで会話が沈まないように気をつけながら会話をまとめます。

可能性を信じながら、最終マッチングの結果を待っていると別の人とマッチングしている。

現実を目の当たりに・・・。

このようなことが続きますと・・・

自分には「魅力がない」と感じたり、婚活パーティー会場に到着するなり、異性よりも同性の方が気になってしまうようになったりと本来は、気にする必要がないことに気がまわってしまいます。

婚活には、同性のライバルがいます。

自分が「いいな」と思えるような人は、ライバル達も「いいな」と思うことは当然の現象なのです。

それが当たり前であることを自覚することで少し心の余裕が生まれます。

面接を受けている感覚がある

婚活パーティーは、一度に多くの人と出会うことができることは大きな魅力のひとつです。

しかし、限られた時間で多くの人と話すには、一人ひとりに与えられる時間は少しとなります。

プロフィールカードに書いた趣味に対する質問を毎度まいど聞かれて

「またその話・・・?」

と自然と思ってしまうこともあります。

また、短時間に目まぐるしく席替えしていく中でプロフィールカードの内容から質問攻めになることもあり、質問内容に答えているのにマッチングで選ばれないことが面接で不採用になったかのようにも捉えてしまいがちです。

婚活パーティーはコミニケーション能力によって向き不向きが変わってきます。

参加している人すべてがコミニケーション能力が高い人とは限りません。

一つひとつプロフィール項目に記載事項を聞いてくる人は、まずは会話を途切れさせないように一生懸命であることだと思い、ひとつ答えたら同じ質問に対して

「〇〇さんは、どうですか?」

と聞いてみることで会話が弾み、気が合いそうだと相手は感じることもあります。

マッチングをしても続かない

念願のマッチングを果たして

「お互いに連絡先の交換ができた!」

と喜びも束の間・・・
気がつけば連絡を取り合っているわけでもなく、会う約束をした訳でもなく、何となく自然消滅・・・。

「日に日に相手の顔もどんな人だったかさえも印象が薄れていく・・・」

といったことも多々起こりがちです。

これでは、「婚活パーティーに参加した意味があるのか?」と疑問を呈すように感じるようになります。

マッチングしたらまず、必ず毎日LINEで構いませんので連絡を途切れないよにしましょう。

ここで気をつけたいのは、待ちの姿勢は良くないということです。

男性も女性もお互いに自分から連絡するように心がけなければなりません。

もう一つは、出来る限り出会った婚活パーティーから1週間以内にお食事なり会う約束をしましょう。

婚活パーティーで初めて出会ったばかりの二人ですから、こまめな連絡と実際に会うことを意識しておこなうことが関係が続くのには不可欠です。

婚活パーティーが疲れる「原因と対処法」名古屋 婚活パーティー 結婚相談所 ミライヘブライダル

興味がない人とも話を合わせなければならない

上記のようにいいなと思う人に対しては、全力で気を使って会話をして何気ない会話でさえも楽しいと感じます。

しかし、誰しも興味がない人と話すことは苦痛と感じ時間の無駄であるとも感じます。

むげにもできず、大人の対応で乗り切りますが婚活パーティーによっては、2回目のトークタイムやフリータイムに

「しゃべりたのは、あなたじゃない」

と思いながらも更に話さなければならないこともあります。

それによって意中の人とマッチングできなけば余計に無駄であったと感じてしまいます。

婚活パーティーそれそれにルールがあって進行されていますので、そこは大人の対応が必要です。

パーティースタートから時間が経過して雰囲気にも慣れてくると意外と休憩時間や他の人と話している時は、「どんな感じなんだろう?」と気になる人は見ています。

それが誰と接していても良い雰囲気を感じることができれば、より好印象を持つことができます。

中には、あからさまに不機嫌な様子が見てとれる人もいますので要注意です。

同じ人と出会う・会いたくない人がいる

同じ地域、同じ年代であるとどうしてもこれまた同時期に婚活をしていれば会ったことがある人が参加した婚活パーティーの中に数人はいることがあります。

年齢層が高くなっていく程このような傾向があります。

また婚活方法も婚活パーティーを主体に行なっている人は、また次の婚活パーティーにも参加します。

ましてや、マッチングしたことがあった人であって、自然消滅や理不尽な別れ方をした人がいたりしたら尚更、気まずいこともあります。

そのようなことを避けるために

「一定期間婚活から離れ」

また再開するも同じことを繰り返す。

これによりどんどん月日は流れ年齢は加算でいきます。

男性も女性も少しでも若い方が有利な婚活事情において大変もったいない時間が過ぎていきます。

年齢は変えることはできませんのでたまには、同県であっても違う市町村で開催されたり、いろいろな地域から集まりやすい都心で開催される婚活パーティーに参加してみるなど地域や主催会社を変えてみることも新鮮で有効です。

また、婚活パーティーだけにとらわれず、婚活アプリや結婚相談所での婚活方法に切り替えることもおすすめです。

婚活は、若い方が有利であることを肝において有効に時間を使ってください。

金銭的負担・移動が億劫

婚活パーティーに参加する場合、一般的に男性の場合5,000円前後の参加費用がかかります。

週に2回程、参加しているのであれば交通費も含めて5万円前後の費用を婚活に費やしている計算となります。

特に男性に降りかかる費用負担は大きく婚活パーティーの結果が伴わなければ損をした気分にもなります。

実際に会場に行ってみなければ、どんな人が参加しているのかさえもわかりません。

またコロナ禍の中、不特定多数が利用する電車などの公共交通機関や駅を利用して予約した婚活パーティー会場に向かうことを敬遠したいところでもあります。

比較的費用負担も会場を利用しない分抑えられているオンラインでの婚活パーティーは、自宅でも参加することができることから移動をすることがない観点からもおすすめです。

しかし、やはりリアル対面ではないと感じている特に男性の方には、費用面からみても婚活アプリや結婚相談所での婚活の方が抑えられる側面もありますので検討してみても良いのかと思います。

まとめ

婚活パーティーが疲れる「原因と対処法」名古屋 婚活パーティー 結婚相談所 ミライヘブライダル

今回は、婚活パーティー特有の疲れを感じてしまう原因とその対処法についてお伝えしました。

上記の各項目で一つでも心当たりがあればぜひ実践してみていただければ幸いです。

どんな婚活でも自分自身が前向きな気持ちをもっていなけばなりません。

自らの足で一歩踏み出さなければ、勝手に目の前に素敵なパートナーが現れることもありません。

コロナ禍が続き、本当の意味でコロナ前のように安心してマスクなしで大人数が集まり開催できる婚活パーティーが行えるまでまだ数年かかるのかもしれません。

婚活は、若い方が有利という現状がある中で今は婚活パーティーだけにとらわれず別の婚活方法を模索してみることも成婚へ向かう確かな一歩になるのではないかと考えております。

そして皆さまの婚活がうまくいくことを願っております。

オススメ記事 婚活では「キープがあたりまえ!?」あなたも複数と同時交際が成婚への近道

愛知県名古屋市 婚活パーティー企画運営・結婚相談所 ミライヘブライダル

料金表 名古屋市 結婚相談所 ミライヘブライダル
名古屋市 結婚相談所 ミライヘブライダル 無料カウンセリング
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事