BLOG

Official blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活ノウハウ
  4. 結婚相談所に登録しても希望の人と会えない・・・「会える確率を上げるノウハウ」
愛知県名古屋市 結婚相談所 ミライへブライダル
最終更新日:2021.04.16

結婚相談所に登録しても希望の人と会えない・・・「会える確率を上げるノウハウ」

結婚相談所で婚活を頑張ろうと登録はしてみたもののなかなか希望の人とめぐりあえず「結婚相談所に入会すれば結婚できる!」という期待感から今おかれている現在地のギャップに今後どのように向き合っていけば良いのかと思い悩んでいらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

愛知県名古屋市 婚活 結婚相談所 ミライへブライダル

結婚相談所に登録していますが、いい人とお見合いできず悩んでいます。

そんなお悩みにお答えします。

愛知県名古屋市で結婚相談所運営婚活パーティーの企画運営してきた経験から
結婚相談所での活動において運命の人と出会うためにどのようなマインドで婚活に臨めば良いのかをお伝えしたいと思います。

結婚相談所での婚活に行き詰まっている方はぜひお読みください。

この記事は、3分で読み終わります。

本記事の内容

お見合いに至るための第一歩、プロフィールを見直す

そもそも多くの異性がいる中からあなたが選ばれるための第一段階のプロセス、自身のプロフィールをもう一度見直してみましょう。

愛知県名古屋市 結婚相談所 ミライへブライダル

プロフィール写真を見直す

プロフィール写真は、最も重要なコンテンツになります。

旅行先でピースサインをしているスナップ写真や何年前の写真?なんて思われる写真を掲載していませんか?

おそらく今、あなたは結婚相談所で活動されていると思います。

異性のプロフィール写真の一覧を見た時に上記のような写真を使用している異性の方に魅力を感じますでしょうか?

場合によっては、結婚に対する誠実さすら感じないこともあります。

このような写真では、残念ながら最初のきっかけであるお見合いにすら至る可能性も低くなってしまいます。

もし、しっかりとした写真を使用してなければプロフィール写真は今からでも差し替えることができますので写真スタジオで撮影した写真を使用することをおすすめします。

参考記事 結婚相談所の婚活で「会いたい」と思われるお見合い写真

プロフィール内容を見直す

プロフィール写真を見直したら次に詳細なプロフィール項目です。

年齢や年収など形式的な部分については、事実を淡々と掲載することのみですのでここで会ってみたいと思われる重要項目はPR文となります。

ご存知のとおりPR文には、会員からの部分と相談所からとの2種類があります。

PR文は、会う前にその人の人となりが読み取れるものであります。

「どんなことに興味があるのか?」
「どんな性格なのか?」

そのようなことももちろん情報として伝わってくるのですが、例えば冒頭に
「私のプロフィールをご覧いただきありがとうございます」などと書かれていれば謙虚さだったり、丁寧さも伝わってきます。

大切な人生のパートナーを選んでいるわけですので人として大切な部分が見えるプロフィールは、異性に対してぜひ会ってみたいと思われる要因となるでしょう。

あるテレビ番組のアンケートでは、未婚の男女が結婚相手を選ぶポイントで男女ともに第一位は、「倫理観」でした。

愛知県名古屋市 結婚相談所 ミライへブライダル

そして結婚相談所からのPR文ですが、ここは結婚相談所の担当者が客観的に見てあたなの魅力をアピールする第三者目線の項目になります。

中には、全く何も記入されていなかったり、「土日休みです」とだけ記入されていたりと残念な結婚相談所も見受けられます

プロフィールに関する写真もPR文も変更できるのは、結婚相談所の担当者のみとなります。

本来は、結婚相談所の方からアドバイスするべき事柄でありますが、もし自分のプロフィールを見直して満足いくものでなければ担当のカウンセラー、アドバイザーとよく話し合ってより良いプロフィールを完成させてください。

理想の相手に対する条件を見直す

今までおこなってきた婚活パーティーや合コンなどの婚活から結婚相談所での婚活へ移ったことでお相手の年収、続柄、資産など明確に一気に多くの人のもが見えることで元々抱いていた理想とする結婚相手よりもハードルを上げがちに多くの方がおちいります。

例えば年収800万円以上の男性だとしてほんの少しだけ冷静に考えてみてください。

それでさらには「優しくて、面白くて」であったら多くの女性がこの男性に集まるでしょう。

婚活の場には必ずライバルがいます。

これから人生を共にする大切なパートナーに本当に譲れない事は年収なんでしょうか?

その男性はもちろん今は、年収800万円でしょう。

しかし昨今の世の中これからずっと続いていくとは限りません。

それよりも年収600万円であったとしてもなんでも心から気を許せる男性とこれから一緒に人生を頑張って生きていくこともいいのではないかと少しだけ条件を見直してみることも必要です。

本当に譲れない条件をもう一度考えて優先順位をつけることで結婚生活を一緒に歩める自分にあったパートナーと巡り合えることにつながるかもしれません。

異性は、どんな所を見ているのか理解する

婚活男性は、女性の何を見ているの?

男性は、90%以上が写真を見て良さそうだから詳細なプロフィール画面に入っていきます。

逆に言えば、年齢が若い方良いと言っていた人でも容姿が良ければ年齢は関係なくなることも多くあります。

写真は、必ずしも容姿の好みだけではなくしっかりとした写真スタジオで撮影された写真であり、笑顔の写真になっていれば自然と興味が出ます。

また、ご両親や兄弟の職業であったり、ご本人のお仕事であったりと稼ぎが自分よりも良さそうな女性に対しては、女性が気にしていなくても「自分なんかと」考えることが多くあります。

婚活女性は、男性の何を見ているの?

女性は、男性のもちろん年収や仕事内容に目が行きます。

そして写真から伝わる柔らかさや清潔感も大切です。

やはり苦手な男性が多いかと思いますが笑顔の写真が有効です。

趣味に関することで決して自分と同じ趣味でなければならない訳ではなく、お金がかかるような趣味をもっている場合に不安を感じます。

また男性が再婚であっても良いと考える女性は多いのですが、扶養していないとしてもお子さんがいる男性には、これから成婚して出産を考える女性からは敬遠されがちな状況です。

そのような場合には、よくプロフィールを見てお子さんに関して「こだわらない」と回答されている女性に絞ってアプローチしていきましょう。

婚活女性は、年収やお仕事内容と共に現実的な金銭的感覚を大切にしています。

自分から積極的に動く

もうひとつ結婚相談所での婚活で陥りがちなことは、お見合いのオファーが来るまでずっと待ちの状態でいることです。

婚活パーティーや合コンでは、その場で積極的に動かなければ「あっ」という間に何もなく終わってしまうことからある程度、皆さん積極的に動き、お話をしています。

しかし、結婚相談所の婚活になると相手から来てくれるまで待っている方が多く見受けらます。

自宅や通勤中などスマホを使用して一人の時間で婚活できることでライバルが視野には入りませんが常に同性のライバルの存在があることを忘れがちになってしまいます。

気になる方にはダメもとでどんどん積極的にお見合いを申し込みしていかねければ理想のお相手と出会うこともありません。

お見合いを申し込まれて嫌な気分になる人はいませんのでぜひたくさんお見合いを申し込んでください。

会えるかは、タイミングが重要!

お見合いを申し込んだお相手が今どのようなお見合い予定や仮交際状況になっているかによって新たなお見合いはスケジュール的にも精神的にも負担になることからプロフィール画面では活動中となっていてもお受けすることは控えることとなり結果的にお断りという状態になることもあります。

タイミングよく仮交際の方に違和感を感じ交際終了となり新たなお見合いを模索する期間にハマればお見合いに至ることもあります。

断られる=あなたが否定されているわけではない

ということです。

タイミングもご縁とポジティブに捉える心構えでいましょう。

結婚相談所が主催する婚活パーティーや合コンに参加してみる

通常一般的に幅広く募集されている婚活パーティーや街コンとは違い結婚に対する意識の高い方が参加している結婚相談所や結婚相談所連盟が主催している
婚活パーティーや合コンに参加してみることも結婚相談所で婚活していればできます。

多くの人との出会いが運命を手繰り寄せるかもしれません。

とにかく参加してみるという積極的な姿勢が大切です。

まとめ

愛知県名古屋市 結婚相談所 ミライへブライダル

結婚相談所での婚活では結婚相談所へ入会したことで気づかぬうちに変化をしてしまった自分の結婚に対する価値観や積極性をもう一度原点に立ち返ることが必要になることもあります。

最も大事なことは、自分よがりにならず相手に選ばれる自分でいることです。

多くのライバルがいることを忘れずにプロフィールからひとつひとつ丁寧に進めていってみてください。

皆様の婚活がうまくいくことを願っております。

オススメ記事 結婚相談所で結婚できる人の「5つの特徴

愛知県名古屋市 婚活・結婚相談所

ミライヘブライダル 婚活 結婚相談所 愛知県名古屋市
名古屋市 結婚相談所 ミライヘブライダル 無料カウンセリング
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事